BIBLIOTHECA MIDDLE PLANE ISSUE. 2

Artist : Felix Gonzalez-Torres
Publisher : Middle Plane

Brown cardboard envelope with self adhesive closure, 293 x 373mm, white silkscreen, 2020

The issue is comprised of four separate and bound editorials and The Silver Post newspaper, which can be found enclosed in an envelope. Each editorial responds to a specific artwork or body of work by Gonzalez-Torres, addressing manifold topics such as capitalism and democracy, isolation and togetherness, loss and renewal, and the celebration of life in response to difficult realities. While Gonzalez-Torres referred to himself as American, he was born in Guaimaro, Cuba, in 1957 and raised in Puerto Rico. He moved to New York in 1979 and died of AIDS-related causes in 1996. Felix Gonzalez-Torres employed simple, everyday materials and a reduced aesthetic vocabulary reminiscent of both Minimalism and Conceptual Art to address themes such as love and loss, sickness and rejuvenation, gender and sexuality. Contributors : Charlie Engman, Benjamin Lennox, Adrian Samson, Jenna Westra, Alexis Roche, Pat Boguslawski, Lyson Marchessault and more.

Middle Plane Issue No.2は、4つの冊子と「The Silver Post」という新聞で構成されており、封筒に収められている。各冊子では、フェリックス・ゴンザレス=トレスの特定のアートワークや作品群を取り上げ、資本主義と民主主義、孤立と一体感、喪失と再生、困難な現実に対する人生への謳歌など、さまざまなテーマを取り上げている。 ゴンザレス=トレスは、自らをアメリカ人と称しているが、1957年にキューバのグアイマロで生まれ、プエルトリコで育った。そして、1979年にニューヨークに移住し、1996年にエイズが原因で没後した。彼は、ミニマリズムやコンセプチュアル・アートを彷彿とさせるシンプルで日常的な素材を使い、縮小された美的語彙を用いて、愛と喪失、病気と回復、ジェンダーとセクシュアリティといったテーマに取り組んだ作品を発表してきたアーティストである。