BIBLIOTHECA WORKS COPYRIGHT - TOMOO GOKITA (TW754)

Artist : Tomoo Gokita
Publisher : BLUM & POE

softcover
272 pages
240 x 305 mm
color, black and white
limited edition of 1,000 copies
2021

日本人アーティスト、五木田智央の作品集。本作は、ペインティング作品や何気ない日常風景を撮ったポラロイド写真、グラフィックデザイナー時代に手がけたZINEやTシャツ、装丁、アルバムジャケットなど膨大な数のアートワークが272ページにわたりまとめられている。精神分析学を専門とするジェイミソン・ウェブスター(Jamieson Webster)による作中のエッセイ『不気味の五木田(UNCANNY GOKITA)』では、五木田によるイメージ群をフロイトの精神分析という視座から考察するという試みを行なっている。

まれに現れる写実性が強調された作品は、現代のアグレッシブな人間関係という現実世界のアウラが付与されることで不気味にうつる。五木田の作品の登場人物たちは常なる監視文化にさらされ、絶え間ないイメージの生産と捕獲の中に存在している。いかにも、不気味なものは、超自我の空気感を世界へ吹き込み、さらには生と死の境界まで追い詰められた時代に私たちは生きているという事実を突きつける。私たちの真なる美的価値観とは、不気味なものなのだ。」- ジェイミソン・ウェブスター

本書は、ロサンゼルスの「BLUM & POE」 で2021年5月から6月の間に開催された展覧会『FRESH』に伴い刊行された。

This 272-page publication compiles dozens of Tomoo Gokita’s paintings amid a vast array of other imagery, ranging from casually taken Polaroids and photoshoots, to his designs for zines, T-shirts, book covers, and album covers dating back to his former career as a graphic designer. This publication features an essay by Jamieson Webster, the first to examine Gokita’s images through the lens of Freudian psychoanalysis. Webster writes: “his work, with its emphasis (at times) on realistic figuration, is made uncanny by giving it an aura of today’s aggressive human relationships and the sheer fact of a culture of constant surveillance. Indeed what is uncanny is putting into his work the affective climate of the super-ego—showing that we live in a time that has pushed us to the limit of life and death. Our true aesthetic is the uncanny.” Published in conjunction with Gokita's exhibition FRESH, on view May 15–June 26, 2021 at Blum & Poe, Los Angeles.