Bibliotheca Sam Chermayeff [Et Al.]: Creat (TW538)

Artist : Sam Chermayeff
Publisher : APARTAMENTO

softcover
120 pages
210 x 290 mm
color, black and white
ISBN: 9788409155170
2020

Sam Chermayeff [et al.]: Creatures, edited by Moritz Küng, is a look back through nearly two decades of experimental projects undertaken by the Berlin-based architect Sam Chermayeff and his collaborators—for the most part pieces of furniture whose use, appearance, or application has been reimagined and readapted. But these ‘creatures’ are not just conceptual; they’re made to be lived with daily and all start with the idea that personal whim is probably the best guide for producing any design that’s to be lived with day in, day out.

Photos of these objects go hand in hand with an essay by writer and curator Dieter Roelstraete, who talks us through Chermayeff’s work in the context of ‘thing theory’, a school of thought that focuses on human-object interactions. Readers move back and forth between their own view of Chermayeff’s creatures and Roelstraete’s reflections on the nature of ‘things’, as he also draws on cultural figures like Heidegger, Francis Ponge, Marina Tsvetaeva, and Karl Ove Knausgård, and our relationship to the indomitable presence of objects in our lives.

ベルリンとニューヨークを拠点として活動する建築家、サム・シャーメイエフ(Sam Chermayeff)の作品集。作者とコラボレーターたちによって取り組まれた約20年間分の実験的なプロジェクトを振り返る一作。家具のほとんどのパーツの用途や見た目、適合性を再考、再調整している。だがこの「創造物(CREATURES)」は単純にコンセプチュアルに作られたものではない。日々共に暮らすことを考えて作られており、個人的な気まぐれこそが、おそらく日常生活を過ごすためのあらゆるデザインに対する「最良のガイドである」というアイデアから全ては始まっている。収録されている写真は、ベルリンとアントワープを拠点とする作家、キュレーターのディーター・ロールストラーテ(Dieter Roelstraete)が寄稿したエッセイと連動している。ロールストラーテは、「human-object interactions(人とものがどう関わるのか)」に焦点を当てた思考である「モノ理論(thing theory)」の文脈の中で、我々に対し作者の作品を通じて語りかける。作者が抱く「CREATURES」に対する視点と、「モノ」の性質に基づいたロールトラーテの考察との間を行き来しながら我々は本作を見ることとなる。哲学者のマルティン・ハイデッガー(Martin Heidegger)や作家のフランシス・ポンジュ(Francis Ponge)、詩人のマリーナ・ツヴェターエワ(Marina Tsvetaeva)、作家のカール・オーヴェ・クナウスゴール(Karl Ove Knausgård)のような文化的人物像や、我々の生活における物質が不屈であるという「関係性」のもと、本書を描いている。