BIBLIOTHECA Fries Book (TW1109)

Artist: PZ Today
Publisher: Same Paper

hardcover
140 pages
240 x 170 mm
color
2022

Opassuksatit (a.k.a. PZtoday)! It is a 138 pages bible of fries which she quotes: “suitable for all ages book” will tell the stories, facts, and universe of fries in its most unique, fun, and creative ways. Not only you can find an imaginary (or could exist real soon somewhere) menu of fries like Padfrai, Hash-brown sushi, Fries me to the moon, Fireplace, or THE 150 meters long fries, etc. This book also offers the facts and teaches you how to make the fries, from How to grow, how to cut, or how to eat them. Also if you looking for tips on “Recipes” and “Fave fries Locations” from contributors (slash fries lovers) like Sarah Andelman, Nadia Lee Cohen, JoyceNG, Gab Bois, Doublet, Vaquera, soon.easy and many more!

パリを拠点に活動するタイ人アーティスト兼アートディレクター、PZ オパスカサティット(PZ Opassuksatit)の作品集。作者は、紙媒体や電子媒体、衣服、アクセサリー、写真、映像、オブジェや彫刻、インスタレーションなど、様々な媒体を行き来しながら活動している。作者の作品は、消費、食べ物、衛生、愛、セックス、日課など、日常的なものを観察し、衝撃を与えることによって、物事がどのように、そしてなぜ起こるのかに焦点を当てている。様々なメディアを通して、不条理やユーモアを強調、あるいは大げさにして、そのような出来事がどのようにアートとして作り替えられるかを考えることで、これらの疑問や観察を映し出している。 「ヘルムート・ラング(Helmut Lang)」、「マーク・ジェイコブス(Marc Jacobs)」、「ダブレット(Doublet)」、「ヴァケラ(Vaquera)」、「ヴァージル・アブロー(Virgin Abloh)」など、様々なアートやファッションのプロジェクトでコラボレーションを行った作者は、過去にパリの「トレーディングミュージアム(Trading Museum)」や「ドーバーストリートマーケット(DOVER STREET MARKET)」の世界各地の店舗で作品を展示した。 本書は、作者曰く「全年齢向け」のフライドポテトの「バイブル」であり、フライドポテトの物語、豆知識、世界をユニークで、楽しく想像溢れる方法で語っている。中には「パッフライ」、「ハッシュブラウン寿司」、「フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン」、「ファイアープレース」、「全長150メートルのフライドポテト」など、すぐにでもどこかで出現しそうな架空のメニューも収録。 本書は、フライドポテトの育て方、切り方、食べ方など、作り方のコツも紹介。また、セレクトショップ「コレット(Colette)」創設者のサラ・アンデルマン(Sarah Andelman)、イギリス人フォトグラファーのナディア・リー・コーエン(Nadia Lee Cohen)、香港生まれでイギリスを拠点とするフォトグラファーの「ジョイス・NG(Joyce NG)、アーティストのガブ・ボイス(Gab Bois)、ファッションブランドの「ダブレット(Doublet)」や「ヴァケラ(Vaquera)」韓国人イラストレーターのsoon.easyなど、フライドポテトを愛する人たちによるレシピやお気に入りのフライドポテトの店の情報も満載な一冊。


Style Code: TW1109