BIBLIOTHECA A MAGAZINE CURATED BY SP2 NATACHA RAMSAY LEVI - A MAGAZINE V.A. (TW669)

Publisher : A MAGAZINE

softcover / 230 x 295 mm / color, black and white / 2019

 

To watch, to be watched. The duality of this concept was a central conceit for Natacha Ramsay Levi’s Chloé Spring Summer 2021 show in Paris – an experimental presentation conceived with Random Studio that followed models via live video streams as they arrived at the Palais de Tokyo from its surrounding streets. By crossing the Seine, perhaps meeting in small groups to walk and chat, models and musicians, writers and actresses played the part – congregating on the steps of the André Aubert-designed edifice in familiar clusters like friends on a spring day. Three LED column screens created a cinematic experience for guests in Paris, echoed in the triptych video format seen by viewers at home, as composer Jackson Fourgeaud treated each model as a new note in the score of a unique electronic composition.

Exclusively for A Magazine, Dutch photographer Winter Vandenbrink aligned his voyeuristic documentary-style photography with Chloé’s street-side presentation, his aesthetic seamlessly reflecting the house’s decision to break the traditional boundaries of a fashion show in both the public and digital spheres.

2004年ベルギー、アントワープで創刊された雑誌『A Magazine』の特別号。「アントワープ・シックス(Antwerp Six)」と呼ばれる、ベルギー人ファッションデザイナーのグループの一人であり、また教育者でもあるウォルター・ヴァン・ベイレンドンク(Walter Van Beirendonck)によって生まれ、毎号著名なデザイナーをキュレーターにとして招き、シーズンごとに新しいコレクションを作るように誌面で表現されてきている。

今号は、BALENCIAGAやLOUIS VUITTONでデザイナー、ディレクターの経験を積み、2018年春夏コレクションよりCHLOÉのクリエイティブディレクターを務め、2020年に退任したナターシャ・ラムゼイ・レヴィ(Natacha Ramsay-Levi)を特集する。「観ること」と「観られること」、このコンセプトの二面性は、ナターシャ・ラムゼイ・レヴィがパリで行った2021年春夏のショーの中心的な構想であった。このショーはモデルが会場のパレ・ド・トーキョーへ向かい到着する様子をライブビデオストリームで追うという実験的なプレゼンテーションを行い、オランダのデザインスタジオ「Random Studio」が手がけた。モデルやミュージシャン、作家、女優たちは、セーヌ川を渡り、小グループに分かれて散歩やおしゃべりをしながら歩く。アンドレ・オーベールが設計した建物の階段は、春の日に親しい友人たちがまるで集まってきたような、そんな場所を演出した。また、作曲家のジャクソン・フォージョー(Jackson Fourgeaud)は、独自の電子音楽を用い、その楽譜の音符としてモデル一人一人を扱った。オランダ人フォトグラファー、ウィンター・ヴァンデンブリンク(Winter Vandenbrink)がA Magazineのために2021年春夏のショーのために、覗き見ているようなドキュメンタリースタイルの写真を撮影。公共とデジタルの場の両方において、ファッションショーの伝統的な境界線を破ろうとするCHLOÉの決断をシームレスに反映している。