BIBLIOTHECA A MAGAZINE CURATED BY #15 THOM BROWNE - A MAGAZINE V.A. (TW665)

Publisher : A MAGAZINE

softcover / 220 pages / 230 x 295 mm / black and white / 2016

 

Following Rodarte and Proenza Schouler, Browne is the third American designer to take part in the A Magazine project, which offers carte blanche to a fashion designer to open their universe across 200 pages of creative content. He is the first menswear designer to curate A Magazine since Riccardo Tisci in 2008.

Browne has tipped a both prestigious and personal cast of contributors for the issue, calling on members of staff, his partner and close friends to collaborate as well as a host of international artists and personalities including Baz Luhrmann, Martha Stewart, Rick Owens, and Hans Ulrich Obrist.

The magazine’s content is united under the theme of ‘Death and Mourning in Black and White’, following the progression of Browne’s runway shows since January 2015 until today. The entire magazine has been printed in black and white – its only touch of colour provided by Browne’s iconic red, white and blue grosgrain ribbon employed as a bookmark.

2004年ベルギー、アントワープで創刊された雑誌『A Magazine』の第15号。「アントワープ・シックス(Antwerp Six)」と呼ばれる、ベルギー人ファッションデザイナーのグループの一人であり、また教育者でもあるウォルター・ヴァン・ベイレンドンク(Walter Van Beirendonck)によって生まれ、毎号著名なデザイナーをキュレーターにとして招き、シーズンごとに新しいコレクションを作るように誌面で表現されてきている。

今号は、アメリカ・ニューヨークのファッションブランド「THOM BROWNE」のデザイナー、トム・ブラウン(Thom Browne)が担当。ロダルテ(Rodarte)、プロエンザ・スクーラー(Proenza Schouler)に続き、『A Magazine』プロジェクトにとって3人目のアメリカ人デザイナーであり、2008年に刊行されリカルド・ティッシ(Riccardo Tisci)がキュレーターを務めた8号以来のメンズウェアデザイナーである。自身のブランドのスタッフやパートナー、親しい友人に加え、映画監督のバズ・ラーマン(Baz Luhrmann)、実業家のマーサ・スチュワート(Martha Stewart)、ファッションデザイナーのリック・オウエンス(Rick Owens)、キュレーターで美術史家のハンス・ウルリッヒ・オブリスト(Hans Ulrich Obrist)など国際的な著名人にも協力を依頼し、一流かつ個性的な面々を揃えた。本誌は「Death and Mourning in Black and White」というテーマで統一されており、2015年1月から発売当時までのランウェイショーの進行を追う。雑誌はすべてモノクロで印刷されており、トム・ブラウンのアイコンである赤、白、青のグログランリボンがしおりとして使われている部分が唯一の彩りとなっている。カバーは布張り仕様。