BIBLIOTHECA MIDDLE PLANE ISSUE. 4

Artist : Christo and Jeanne-Claude
Publisher : Middle Plane

Softcover GRA board, 315X240mm, 276pp, 2021

Middle Plane Issue No. 4 is a collaboration between Middle Plane and the estate of the artists Christo and Jeanne-Claude, in celebration of their lasting legacy and impact on the creative landscape. The issue reads as a posthumous visual interview made up of photo series and works by different creatives in response to Christo and Jeanne-Claude’s artistry. Techniques such as wrapping, draping, color blocking, and experimentation with scale are employed by our contributing artists. Contributors: Duane Michals, Camille Waddington, Takashi Homma, Wolfgang Volz, Jack Day, Yohji Yamamoto by William Waterworth and Hannes Hetta, Ilya Lipkin, Chanel beauty story by Thom Walker, Suffo Moncloa, Kenzo by Jet Swan and Agata Belcen, Nigel Shafran, and more. This issue also features contributions from several international galleries including Maureen Paley, Michael Werner Gallery, and Sadie Coles. + An exclusive Poster of Christo's ‘Wedding Dress (1967)'.

Middle Plane Issue No.4は、クリストとジャンヌ=クロードの 術性に呼応したさまざまなクリエイターによる写真シリーズや作品で構成され、芸術家夫婦の没後のビジュアルインタビューのようなものとなっている。梱包、ドレープ、カラーブロッキング、スケールの実験などのテクニックが、ここに参加する新しい世代のアーティストによって、以下のようなエディトリアルにおいて採用されている:  広大な風景の中でドラマチックなシルエットを描くヨウジヤマモトのファッションストーリーは、ウィル・ウォーターワース(Will Waterworth)が「The Umbrellas」 1984年~91年 にインスパイアされ、撮影した。また、クリストとジャンヌ クロードのファブリックへのこだわりに敬意を表して、カミーユ・ワディントン(CamilleWaddington)がスタイリングと撮影を担当したシリーズや、1964年から続いたプロジェクト「Show Cases, Show Windows, and Store Fronts」に敬意を表して、ジャック・デイ(Jack Day)が撮影した、ロックダウンの規制によりされた店舗正面の習作などがある。 デュアン・ミハル(Duane Michal)の「Tower of Letters」は、クリストとジャンヌ クロードへのビジュアル・ ラブレターであり、ナイジェル・シャフラン(Nigel Shafran)のパッケージングについての物語は、クリストの初期の「Inventory」シリーズを示唆している。 また、本号では、モーリーン・ペイリー(Maureen Paley)、マイケル・ワーナー・ギャラリー(Michael Werner Gallery)、サディ・コール(Sadie Coles)など、海外のギャラリーからの協力も得ている。