BIBLIOTHECA A MAGAZINE CURATED BY #19 KIM JONES - A MAGAZINE V.A. (TW667)

Publisher : A MAGAZINE

softcover / 248 pages / 230 x 295 mm / color, black and white / 2019

 

Issue N°19 has been curated by the British fashion designer Kim Jones. Based between London and Paris, Jones was named men’s creative director at Dior in March 2018, after seven years designing menswear at Louis Vuitton. He is known for his adventurous travelling spirit and a penchant for collecting rare and precious objects and vintage fashion, all of which informs his designs that marry futurism with old-world techniques and materials. N°19 takes the form of an alphabet, introducing his eclectic group of friends and exploring his worldly passions, with subjects ranging from ‘A’ for Naomi Campbell’s ‘Africa’ through ‘P’ for punk, all the way to ‘Z’ for Amanda Lear’s ‘Zero’ (“the zero you will get if you don’t learn my alphabet”). The designer’s alphabet is represented in 26 artist ‘letter’ pages featuring the works of friends and collaborators, from contemporary artists to members of the Dior design team. Each letter is followed by an adjoining subject matter, ranging from essays and archive image portfolios to interviews, illustrations, poetry, postcards, still-life photography, music playlists and portraiture. Close friends and famous heroes unite in this dense patchwork of anthropological and geographical references that reveal many facets of Jones’ curious mind.

2004年ベルギー、アントワープで創刊された雑誌『A Magazine』の第19号。「アントワープ・シックス(Antwerp Six)」と呼ばれる、ベルギー人ファッションデザイナーのグループの一人であり、また教育者でもあるウォルター・ヴァン・ベイレンドンク(Walter Van Beirendonck)によって生まれ、毎号著名なデザイナーをキュレーターにとして招き、シーズンごとに新しいコレクションを作るように誌面で表現されてきている。

今号は、イギリス出身のファッションデザイナー、キム・ジョーンズ(Kim Jones)が担当する。ロンドンとパリを拠点とするキム・ジョーンズは、Louis Vuittonで7年間メンズウェアのデザインを担当したのち、2018年3月にDiorのメンズ・クリエイティブ・ディレクターに就任。冒険的な精神と、希少品やヴィンテージファッションを収集することで知られており、そのすべてが、フューチャリズムに旧世界の技術や素材を融合させているデザインに反映されている。本号はアルファベット形式で構成されており、モデルであるナオミ・キャンベル(Naomi Campbell)の「Africa」を表す「A」から、パンクを表す「P」、シンガーのアマンダ・リア(Amanda Lear)の「Zero」(「もし私のアルファベットを学ばないのであれば、あなたが得ることになるのはゼロだろう」)まで、多彩な友人たちを紹介しながらその情熱を探る。現代アーティストからDiorのデザインチームのメンバーまで、26のアーティストの作品が掲載された「アルファベット」ページで構成されている。それぞれのアルファベットの後には、エッセイやアーカイブ画像のポートフォリオ、インタビュー、イラスト、詩、ポストカード、静物写真、音楽のプレイリスト、ポートレートなど、さまざまなテーマが並ぶ。親しい友人から有名なヒーローまで、人類学的、地理的な参考資料をもとに、キム・ジョーンズの好奇心の多面性を示す濃密なパッチワークとなっている。