BIBLIOTHECA A JOE BRAINARD SHOW IN A BOOK - LOEWE JOE BRAINARD (TW725)

Artist : Joe Brainard
Publisher : LOEWE

hardcover

200 pages
290 x 355 mm
color, black and white
limited edition of 500 copies
2021

A sumptuous 200-page hardbound volume, A Joe Brainard Show in a Book is devoted to the graphic works and artists’ publications of artist and writer Joe Brainard (1942-1994). Prefaced by Brainard’s close friend, the poet Ron Padgett, and accompanied by an essay by art critic Éric Troncy, the publication features rarely seen zines, comics, printed matter, ephemera and artworks Brainard created during the 1960s and 70s.

Edited and designed by M/M (Paris), and published by LOEWE, A Joe Brainard Show in a Book is housed in a giant fold-out cloth dust jacket reproducing Brainard’s Untitled (Bow), a colourful collage from 1967, in a limited edition of 500 commercially available copies.

A Joe Brainard Show in a Book was published for the reveal of the Fall Winter 2021 men’s runway collection designed by Jonathan Anderson, the creative director of the celebrated fashion house LOEWE, who was inspired by Brainard’s remarkable artistic output.

Sales of the book will benefit the nonprofits Printed Matter and Visual AIDS, an organization which utilizes art to fight HIV/AIDS by provoking dialogue, supporting artists living with HIV, and preserving a legacy, because AIDS is not over.

In his foreword to the book, Jonathan Anderson writes: “I have been drawn to Joe Brainard’s body of work by his ability to create things out of the everyday. As an artist, a writer, an illustrator and a poet, he thought and acted outside of rulebooks and categories, and there is a lightness and an immediacy in his work that I find acutely apt for this very moment. I have thought of this publication as a “show in a book,” the catalogue of an exhibition that has yet to take place, and an accompanying manifesto to the LOEWE collections it inspired.

アメリカ人アーティスト、ジョー・ブレイナード(Joe Brainard)の作品集。 本作は、作者の卓越したその作品からインスピレーションを受けたLOEWEの現クリエイティブディレクター、ジョナサン・アンダーソン(Jonathan Anderson)がデザインを担当した2021年秋冬メンズのランウェイ・コレクションの発表に伴い刊行された一冊。作者のグラフィック作品に特化した、200ページの豪華な仕上がりとなっている。親友であり詩人のロン・パジェット(Ron Padgett)が序文を、キュレーターであり美術評論家のエリック・ トロンシー(Éric Troncy)がエッセイを寄稿している。 1994年にこの世を去った作者が1960年代から70年代にかけて制作した、今や希少なZineやコミック、その表紙や印刷物、エフェメラ、アート作品などが掲載されている。

私がジョー・ブレイナードの作品に惹かれたのは、日常から何かを生み出す力を持っていたからです。アーティストとして、作家として、イラストレーター、詩人として、彼はルールブックやカテゴリーに捉われずに思考し、行動してきました。私はこの本を『SHOW IN A BOOK(本の中のショー)』であり、未だ開催されていない展覧会のカタログであり、そしてインスピレーションを得て制作したLOEWEのコレクションに付随するマニフェストであると考えています。」- ジョナサン・アンダーソン

編集、デザインはクリエイティブ・ユニットのM/M (Paris)、出版はLOEWEが手がける。1967年に作者が制作した色鮮やかなコラージュ作品『Untitled (Bow)』を再現した、巨大な折りたたみ式の布製カバーに包まれている。本書の売り上げは、「PRINTED MATTER」と「Visual AIDS」へ寄付。「PRINTED MATTER」は、アーティストブックやその関連出版物の普及、理解、鑑賞を目的としたアメリカの非営利団体であり、「Visual AIDS」はアートを通じてHIV/AIDSと闘うために対話をしHIVと共に生きる作家を支援し、その功績を守ることを目的として活動している。